0120-220-430 メールで問い合わせ
OA機器専門館のジャンクション
閉じる

Junctionのプロジェクター選び

ルーメン?投写距離?プロジェクターはどう選ぶ?

プロジェクターを選ぶ際には「投写距離」と「ルーメン(輝度)」が最も重要といえるでしょう。
投写距離とルーメンは密接な関係にあり、投写距離が長くなればなるほど高いルーメンのプロジェクターが必要になり、さらに映し出すスクリーンなどの大きさによっても必要になるルーメンが変わってきます。

次項ではJunctionのプロジェクターがどのようなシーンにおすすめなのかをご紹介いたします。


ご利用シーンに合わせたプロジェクター

プロジェクターを使った会議風景

3,000lm~3,400lmは小会議室でのプレゼン、5,000lm~5,500lmは中会議室で大型スクリーンに投写する場合などに、10,000lm~11,000lmはプロジェクションマッピングや大会議室、31,000lmは10,000lm~11,000lmでもカバーできない大規模な会場でのご利用に最適なスペックです。
会場の明るさによってもプロジェクターを選び分けなくてはなりません。例えば照明をおとせない場合ははっきりと投写させるためにルーメンが高いプロジェクターを選ぶ必要があります。

このように、ご利用になられる場所の「広さ」と「明るさ」によって、適切なプロジェクターをおすすめしております。

10名前後の会議やプレゼンテーションに!
30~50名前後の会場で。100インチ以上の大画面でもOK!
プロジェクションマッピングや広い会場に最適!
大規模会場・ライブイベント・超高輝度プロジェクションマッピングで

沢山のお客様にご利用いただいております!

Junctionのプロジェクターはプロジェクションマッピング・会議など、さまざまなシーンで活用していただいており、その中で掲載許可をいただいた事例をご紹介しております。
下記リンクからそれぞれの利用事例がご確認いただけます。