法人様向けAV機器&OA機器レンタル・リースのジャンクション

メニュー
メールで無料見積もり・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

:0120-220-430
受付9:00~18:00(日曜・祝日・弊社定休日を除く)
0120-220-430 メールで問い合わせ
OA機器専門館のジャンクション
閉じる

レンタルとリースの違い

そもそもレンタルとリースの違いって何なの?と思っている方は少なくありません。 レンタルもリースも「物件の賃貸借」という点では同じですが、それぞれが細かく条件や規定などに違いがあります。

Rentalレンタル

レンタルの特徴

レンタルとは、在庫としてもつ設備、機械を利用者に短期間賃貸することを言います。

期間 短期~長期
料金 レンタル料には、物件代金・動産総合保険が含まれます。
物件の所有権 弊社
物件選択 弊社在庫からの選択。
中途解約 原則、可
保守費用 レンタル料に含まれます。
経費処理※
レンタル契約において、契約期間が1年を超えるもので、かつ1契約のレンタル料総額が300万円を超える場合は、貸借対照表に注記が必要な場合があります。

Leaseリース

リースの特徴

リースとは、資産の賃貸借のことで、リース会社が資産を所有し、その資産の使用権と占有権をユーザー(借主)に一定期間ゆずり渡すことを言います。

期間 長期(3~6年)通常はコピー・FAX…3~5年、パソコン・・・2~5年
料金 リース料には、物件代金・固定資産税・動産総合保険・リース会社手数料・金利等が含まれます。
物件の所有権 リース会社
物件選択 弊社取り扱い商品より選択。但し、新品に限る。
中途解約 不可
保守費用 リース料に含まれません。
経費処理※
リース契約において、1契約のリース料総額が300万円を超える取り引きで、かつ金融商品取引法の適用会社および連結子会社、資本金5億円以上又は負債総額200億円以上の大会社は、新リース会計基準が適応されますので、この限りではありません。