法人様向けAV機器&OA機器レンタル・リースのジャンクション

クラウドサービスについて

複合機とクラウドとの連携

複合機からスキャンして、そのままクラウドへ直接アップロード(※1)し、フォルダやノートブック機能を活用して分類、保管、印刷(※2)を簡単に行うことができます。 クラウドに保存した資料は、PC、Android 端末、iPhone/iPad などから閲覧可能なので、データのコピーを外部に持ち出すことなく、営業先でのプレゼンや、移動中など、どこからでも呼び出すことが可能です。

スキャンデータを直接保存に対応しているファイルは、TIFF、JPEG、PDF ・暗号化PDF です。TIFFはアップロードは出来ますがカラー形式のみブラウザ確認出来ません。(ローカル保存して専用ビューアなどで開くことは可能です。) プリントアウトに対応しているファイルはTIFF、JPEG、PDF ・暗号化PDF です。またPDF をプリントアウトするにはオプションのPS拡張キットが別途必要です。 複合機の対応機種については、お問い合わせください。 クラウド拡張セットは、弊社より導入いただいた複合機向けのオプションです。

クラウドの連携のメリット

ペーパーレス化でコスト削減!
複合機とクラウドを連携することにより、今まで紙で保管していた資料や書類が、デジタルデータとして保存できます。社内で共有する必要がある資料や書類も、クラウドなら複数の人が同時に閲覧できる為、印刷する必要がなくなるのです。紙の印刷にかかるコストも、ペーパーレス化で大幅に削減できます。

破損・紛失の恐れを軽減!
社内PCで情報を管理する場合、ハードディスクの破損の恐れや、バックアップを取らなければならないなどの手間や不安が生じてきます。クラウドは、複合機からスキャンされた情報を安全に保管することができるので破損・紛失の恐れを軽減できます。

一元管理で情報共有!
複合機からスキャンした情報をデジタルデータとしてクラウドで一元管理することにより、時間や場所を選ばずにいつでも確認したい情報を閲覧することが可能に。また、クラウドは複合機からスキャンした情報だけではなく、写真・画像・文章・音声・など様々な形式のデータを保存することが可能なため、社内共有したい情報は全て、クラウドで一元管理することが可能です。

オフィスにいなくても閲覧可能!
オフィスの外、例えば取引先や営業先などで、社内から情報を持ち出さなくても、スマートフォンやタブレットから直接情報を閲覧することができます。作業の時間を大幅カットできるとともに、様々なデバイスに対応したクラウド環境で、スムーズに業務を進めることが可能になります。

Googleドライブとは?

Googleドライブは、ウェブブラウザ内で動くオフィスソフトです。クラウドコンピューティングサービスを利用して 、複数の端末との間でデータや画像やスプレッドシートなどの共有・同期を可能にします。

Googleドライブと複合機とを連携することにより、書類をデジタル化し、コレクション機能を活用して分類、保存、保管、印刷を簡単に行うことが可能になります。

どこからでも資料の閲覧が可能なので、商談などで視覚的なプレゼンがいつでも手軽にでき大変便利です。